誰がなんと言おうと保険は投資である。

入門編!

「保険は投資なんですよ」と中田敦彦のyoutube大学ではじめて聞いた時、当時不勉強だった僕には少し違和感がありました。当時はまだ保険と投資の境界線について学んでいなかったし、保険は保険、投資は投資の性質があると思っていました。実際、違う部分は確かにあります。が、共通するものだと理解する方が、頭の中で整理がつきやすい気がします。

と、ここまで書いて中田さんの動画見直しましたが、全然そんな動画見つからないので今焦っています笑。なんか夢でも見たのだろうか笑。

ちょっと偏見ですが、日本では保険はいいけど、投資はダメ!みたいな空気ってあると思います。その境界線をしっかり考えてみて、このイメージの違いほどは投資と保険は違わないということを確認できれば、読者の皆様にお役に立てるのかなと思って、この文章を書いていきます!

まずは投資からいきましょう。

投資は①元となる資金、②期待した利率、③投資期間で成果を予測することができ、注意点として④変動性(期待より低い利率)、⑤手数料を受け入れる必要があります。

例えば、投資の勉強をすると今では本当によく出会う言葉ですが、米国S&P500インデックス投資に投資するとき、多くの人が以下のようなシミュレーションをすることになるのではないかと思います。①元金100万円、毎月積み立て2万円。②期待利率7%。③20年運用すると、1200万円の資産を形成することができます。この時、④株式100%の投資なので変動性は高い投資である、⑤実際の買い方によってさまざまな手数料率を支払う必要があり、期待よりも資産形成が遅くなる可能性がある、ということなどを受け入れて投資することになるでしょう。

保険に関しては場合分けが必要ですが、わかりやすいところからいきましょう。

個人型年金保険は、どう考えても投資です。①元金を自分で積み立てて、②保険会社が提示するリターンが決まっていて、③積み立て期間も指定があるという特徴が、丸かぶりしています。④の変動性についてはしっかり考える必要があり、⑤の手数料は見えないようになっているので後ほど詳しく見ていきましょう。

学資保険もわかりやすいです。年金保険とほぼ同じ分析になりますので省略しますね。

医療保険くらいからわかりにくくなってきます。医療保険と生命保険には投資よりも特殊な条件が付加されるためです。特殊な条件とは、リターンの発生に病気や死亡が伴うということです。でもこれだけです。①元金を参加者みんなで積み立てて、②条件にはまった場合に保険会社が決めた定額のリターンがあり、③積み立てる期間が決まっています。掛け捨てなら保険加入期間ですし、終身保険でも加入中は全期間で積み立てるタイプと払い込み期間が決まっているタイプがありますが保険会社が指定する期間に保険掛金を積み立てるのに変わりはありません。④変動性については当然、条件にハマるかどうかが大きな部分です。0か1かの大きな変動性があります。⑤手数料は見えにくくなっています。でも、保険の営業の人があれだけいて、保険会社の建物が一等地に立っているところを見れば誰でも手数料が存在することくらいは気がつくことができます。

さて、気がついたら説明したい保険の種類を大体書いてしまいました。皆さんはどう感じるでしょうか?保険は、投資と似ていると感じませんでしたか?

この文章では、投資を少しだけ広い意味で使いました。「投資っていうのは、長期間成長性の期待できる企業や国にお金を貸して、その利益を長い目で期待することだよ!」というツッコミもあるかもしれないですね。本来、投資という言葉はそういう意味で使うべきだと、僕も思います。でも、今回は似ている部分を抽出して、比較してみました。

僕の理解では、投資も保険も、お金を投入して、時間がかかってからリターンとしてお金を受け取るという意味で似ていると思うのです。保険を買っているつもりが、投資商品を買っていたのだ、と気づけば、どちらもフラットな目線で比較していけるのではないかと思います。

今のところ、僕の理解では保険は投資商品としてはあまりに手数料が高く、その結果全体のリターンが低くなっていると思います。なので、保険は最小限、コストとして割り切れるものだけ加入するのがほとんどの人にとって最適なのではないかと考えています。

保険って日本ではとにかくイメージがよく、特に最近はがん保険のCMが上手だなあって思います。一方で、投資に対するイメージは多分あまり良くないと思います。僕の母も投資で失敗したことがあるそうで、投資には反対、という意見の人になってしまいました。

両者の似ているところ、違うところを比較して、どちらに対するイメージも混ざり合うことでこれまでよりスッキリ考えることができるのではないかと思います。

あ、どっちも結局お金の行ったり来たりのサービスなんだなぁと思ってから、僕は投資と保険をフラットに比較できるようになった気がします。

次回以降も少しずつ考えていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました